INTERVIEW

INTERVIEW
PHOTO

オリオンセールスプロモーション株式会社
関西支社

西村 賢

大手食品メーカー、大手日用品メーカーをはじめ多数の大手企業をクライアントに持つセールスプロモーションを主軸とした広告代理店。主要都市をカバーした全国ネットワークで、他の広告代理店にはできないきめ細かなフォローを実現する。

西村氏は某大手食品メーカーの大阪支店を担当。イベント企画立案、店頭プロモーション企画、キービジュアル作成、ツール作成、物流にいたるまでその業務範囲は広い。

関西支社:大阪淀川区西中島6-1-15
アセンズ新大阪7階
http://www.orion-sp.co.jp/
オリオンセールスプロモーション株式会社

柔軟に対応してくれるので
印刷会社というよりもパートナーです。

広告代理店の担当者として「常に自分たちの105%、110%の仕事をして上を目指したい」と語る西村さん。ネオライトとどういった付き合いをしているのか、インタビューしました。

ネオライトとの仕事内容

まずは店頭装飾のデザイン制作が基本で、POPなど売り場のツール制作から印刷までを依頼しています。他にも、ノベルティの外装ケースやディスプレイの考案、発送のアッセンブルにも対応してもらっています。普通の印刷会社さんなら、印刷だけでアッセンブルは別というところですが、企画全体の情報を共有していくうちに、印刷にとどまらず、依頼業務の範囲は拡大しています。

情報を共有するからこそのパートナーinterview_02indexinterview_01

私の場合、仕事を請けたら「こういうことをしたい」というストーリーを作って、それを実現するために関係者を集めチームを構成します。そのチームリーダーをネオライトさんにやってもらっている感じですね。リーダーとして動いていただくために、クライアントの方向性と、私の意図を事前にしっかりと共有するように心掛けています。それによって私と同じ視点をもったパートナーとしてチームを動かしてくれていますし、さらには、私が知らない専門的なところから、より良い提案をしてくれたりします。
デザインに関しても、通常、印刷会社のデザインはオペレーター感覚でオーダー通りに仕上げてくることが多いですが、このチーム(ネオライト)のデザイナーさんたちは私の意図を理解して、よりいいデザインになるように色々なことを試してくれます。
以前、クライアントが作っておられる、ある印刷物とその配送業務にコストの無駄を感じたので、ネオライトさんを含む関係者で納品形態や物流においてコストの下がる方法を必死になって検討しました。それを提案書にまとめ担当者に持ちかけたところ、「デザイン制作から印刷物を依頼できるものでなければ採用できない」と言われました。私は何としてもその仕事を取りたい想いがあったので、何度もデザイナーさんたちと打合せをし、全体像を共有してアイデアをまとめました。結果、デザインが通り、コスト削減の提案全体が採用されるに至りました。この件に関しても、デザイナーさん含めた関係者のみなさんは半泣きになりながらも頑張ってくれたと思います。(苦笑)
私が「やりきる!」ってスタンスなので、その姿勢にずっとチームとして付き合ってもらっている感じですね。(笑)

今後について

ネオライトさんの魅力は「柔軟性(適応力)の高さ」だと感じています。印刷やデザイン以外の業務にも対応してくれ、チームとしても目的を共有できるので、これから先もっと大きな仕事に取り組み、広告代理店の担当者として提案の幅を今以上に広げて行きたいと思っています。
他の広告代理店にどこで勝っていくかを考えると、やはりデザインの質をもう一段上にあげていかなくてはと思っています。コスト削減など効率性をあげる提案についてはクライアントから評価されていますが、さらに「お!」と思わせるためにはコストとデザインの両輪でのインパクトが勝負となります。その部分を追求しながら、チームとして一緒に次の仕事にトライしていきたいですね。